2006年08月12日

Time waits for no one

「時をかける少女」、観てきました。

大阪では1館しか上映しておらず、盆休みでもあるせいか、
会場が満席になっており、立ち見になってしまいました…。

私は原作を読んだことも、
これまでの関連作品を目にしたこともなく、
タイトルだけ知っているという状態だったのですが、
本作の監督を細田 守 氏がやっているというだけで観に行ってしまいました。

細田氏は元東映のアニメータ(演出家?)さんです。
かなりマイナーではありますが、
「ハウル」の監督は最初この人が抜擢されていました。
# 途中で降板しましたけど…

とにかく、自分の中ではNo.1のアニメ監督さんです。

で、本作の感想ですが、良かったです。
前半〜中盤にかけては、
主人公の真琴がタイムリープの能力を好き勝手使っていて
あまり好きになれなかったり(わざとそういう風に描いてるんでしょうけど)、
細田氏お得意のギャグがややしつこ過ぎたりして、
感情移入もできず「微妙かなぁ…」と思っていたんですが、
後半30分くらいからぐいぐいと引き込まれてしまい、
ラストでは真琴と一緒に泣いてしまいそうになりました。

結末はちょっぴり切ないけれど爽やかであり、
観終わった後はすっきりとした気持ちになれると思います。
スタッフロールが流れ終わるまで誰も席を立たなかったのが印象的でした。

ファンのフィルタを外しても、オススメできる作品です。
よかったら、どうぞ。


その他らくがき感想
・細田節は相変わらずだったなぁ…。
 標識、繰り返しギャグ、主役キャラの崩れ顔、
 超絶美麗背景&印象的なカットレイアウト…
 無かったのはヒコーキ雲くらいか?
 久々に「らしい」作品が見れて満足です。
posted by もじゃあ at 21:27| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。