2005年11月27日

ポケモン 不思議のダンジョン 青の救助隊に不具合

ポケモン 不思議のダンジョンのDS版をプレイしていると、
GBAスロットに挿さっているソフトのセーブデータが消える可能性がある不具合が発見された。
http://www.nintendo.co.jp/ds/aphjb24j/oshirase/index.html

これは、ポケモン不思議のダンジョンDS版のソフト側から、
GBA版のソフトのセーブデータへとアクセスして連動する機能があるために起こった不具合でしょうね。
その他のGBAソフトでテストしなかったのだろうか?
一応、GBAスロットに何も挿してなければ問題ないらしいが…。

最近は任天堂も不具合多いね…。
さわるメイドインワリオのときもあったし、プレイやんでもあったし…。
対応がしっかりしてるから良いとは言え、不具合は無いにこしたことはないしね。

そして個人的には、今回の対応はマズイと思う。
と言うより、あまり任天堂らしくない。
連絡すれば回収&無償交換は良い対応だと思う。(交換でセーブデータはなくなるけど…)
問題なのは、どうもこの不具合の告知を任天堂HPでしか行ってないようなのだ。

メイドインワリオやプレイやんのときは、
クラブニンテンドーでポイント登録しているユーザには即刻通知が来ていたのに、
今回は全くその気配がない。
ユーザに伝えるには一番確実な方法なのに…。

何となく、ポケモンブランドを傷つけたくないのかな、とか
出荷量がハンパじゃないから全回収は避けたいと思ってるのかな、
とか色々邪推してしまう。

正直、セーブデータが消えるのって、ユーザにとってはかなり深刻な問題なので、
早めに通知してあげて欲しいなぁ、と思う。
ユーザに対して「仕様だから我慢しろ」と言う、どこかのメーカのようにはなって欲しくないんですが。


追記:
12/2にクラブニンテンドーから不具合の通知メール来ました。
Webでの発表から1週間もかかった理由は…何なんでしょうね。
posted by もじゃあ at 23:00| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。